このページの本文へ移動

JAS規格の見直し等に係る業務

JAS法

JAS規格は、生産者、事業者、試験研究機関、産地・地域などの提案を受けて制定すること、また、既存の民間規格を基にJAS規格を提案して制定することが可能です。

規格の制定については、案件ごとに利害関係者、専門家、学識経験者、関係行政機関、さらに農林水産省の関係部局や(独)農林水産消費安全技術センター(FAMIC)からなる官民連携の体制で検討します。

制定されたJAS規格は、原則として提案者などが主体に維持・管理します。その際、農林水産省の関係部局やFAMICがサポートします。

図 JAS規格化
図 木質建材の品質実態調査
木質建材の品質実態調査
図 JAS製品の製造実態の調査
JAS製品の製造実態の調査
図 原案作成委員会
原案作成委員会
図 JAS調査会
JAS調査会
  • 規格の種類
対象 内容(例) JASマーク
産品

①品質・仕様

特定の原材料、成分等の農林水産品・食品の規格 産品に表示可

②生産プロセス
流通プロセス

特定の栽培方法・製法で生産された農林水産品・食品の規格など
事業者

③産品の取扱方法

事業者による特定の栽培管理や飼養管理、品質・衛生管理、輸送管理、販売管理、料理の調理や提供方法の規格など
官能評価員など、技量・力量に関する規格 など
事業者の広告に表示可

④経営管理方法

事業者による労務管理、社会貢献に関する規格など

⑤試験方法

成分の測定方法・DNA分析方法の規格など 試験証明書に表示可

⑥用語

①~⑤に関する用語の定義

▲このページのTOPに戻る