このページの本文へ移動

令和2年度飼料等の適正製造規範(GMP)研修会の受講手続について

  「飼料等の適正製造規範(GMP)ガイドラインの制定について」(平成27年6月17日付け27消安第1853号、農林水産省消費・安全局長通知、以下「GMPガイドライン」という。)の規定に基づき、飼料等の安全を確保するため、事業場における衛生管理、工程管理又は品質管理の業務に関する必要な教育訓練を実施することを目的として、令和2年度飼料等の適正製造規範(GMP)研修会を以下のとおり実施します。
 これまでは、会場にお集まりいただき研修会を開催していたところですが、本年は新型コロナウイルス感染症予防対策としてeラーニングシステムを用いて開催することとしました。パソコン、タブレット、スマートフォンから動画等を視聴して受講してください。
研修は、①基礎コース、②応用コース、③基礎コース+応用コースの3つを設けましたので、講義内容を確認の上、必要な研修を選択してください。


※申し込みは終了しました。

1 GMPガイドラインについて

 近年、食品の安全確保に関しては、従来の最終製品の検査を中心とする考え方から、HACCP等の工程管理に重点を置いた考え方に変化しており、フードチェーンの一端を担う飼料についても、事業者自らが、原料段階から最終製品までの全段階においてこのような手法を導入し、飼料の安全をより効果的かつ効率的に確保していくことが重要です。
 このため、平成27年に、従来の飼料の適正製造に係るガイドラインを統合するとともに、安全な飼料を供給するために実施する基本的な安全管理手法を事業者自らが導入するための指針として、GMPガイドラインが制定されました。本研修会は、GMPガイドライン第3の1(2)①に示された教育訓練の場を提供するものです。
 また、本研修会は、GMPガイドラインの別紙2の第3の1の(2)の②及び「抗菌剤飼料添加物を含有する配合飼料及び飼料添加物複合製剤の製造管理及び品質管理に関するガイドラインの制定について」(平成19年4月10日付け18消安第13845号、農林水産省消費・安全局長通知、以下「抗菌剤GMP」という。)の別紙2の第3の3の(7)に示された飼料安全法等の研修にも対応しています。

2 飼料等の適正製造規範(GMP)研修会について

(1)開催期間及び開催方法
12月16日より受付開始 ~ 2月28日受付終了
(動画視聴等の講義は3月20日(土)で閉鎖します。申し込みが遅かったり振込が確認できず許可が遅くなったりした場合、設定している受講期間を十分に取れない場合がありますので、ご注意ください。)
・特設サイトよりお申し込みいただき、受講、修了証発行までオンラインで行うことができます。
・受講者1名毎にお申し込みいただきます。受講許可後、①基礎コース及び②応用コースは2週間、③基礎コース+応用コースは4週間の受講期間を設けていますので、ご都合の良いときに受講してください。

(2)研修内容
① 基礎コース
ア.対象者
・飼料取扱業務の従事経験が浅い方
・新たにGMPガイドラインに取り組もうとしている事業場  等
 
イ.目標
飼料安全に係る制度の枠組みを理解し、各種ハザードや飼料の安全管理に関する知識を得た上で、工程管理に必要なGMPの考え方、取り組み方を学ぶ。
 
ウ.研修内容
講 義 内 容 時 間(予定) 講師
飼料安全法令及びGMPガイドラインの概要について 飼料の安全対策の全体像の把握を目的に飼料安全法関係法令の概要を解説する。また、策定の背景を含めGMPガイドラインの概要を解説する。 60分 FAMIC本部
肥飼料安全検査部
飼料のリスク管理について 工程管理に必要となる基準値設定及びリスク管理の考え方、品質管理の考え方について、解説する。 40分 FAMIC本部
肥飼料安全検査部
各種ハザード及び飼料の管理について リスク管理の参考となる有害物質、有害微生物、抗菌剤等の各種ハザードの特徴や飼料等の安全管理の考え方、モニタリング結果等を解説する。 60分 FAMIC本部
肥飼料安全検査部

② 応用コース
ア.対象者
・飼料取扱業務への従事経験が長く、最新の情報を取り入れたい方
・GMPガイドラインに取り組もうとしている事業者及びすでに取り組んでいる事業場  等
・基礎コースを受講された方  等
 
イ.目標
飼料安全をめぐる情勢を通して最新の情報を学ぶ。また、GMPガイドラインに関して、参考となる取組事例等を学ぶ。
  
ウ.研修内容
講 義 内 容 時 間(予定) 講師
飼料を巡る情勢 ・最近の制度改正と今後の見直し予定等
・食品循環資源利用飼料に関する規制見直し
 などを、各担当者から解説します。
60分 農林水産省
畜水産安全管理課飼料担当
GMPガイドラインの取組事例(1) GMP適合確認取得までの工夫と取得後の取り組みについて紹介します。 45分 日本飼料工業会
技術委員長 田中秀一氏
(日本農産工業(株)品質保証部長)
GMPガイドラインの取組事例(2) 輸入原料の安全性の確保について紹介します。 35分 全国農業協同組合連合会
畜産生産部製造・供給体制整備課
品質保証室長 西之原英樹氏
GMPガイドラインに基づく確認手続について GMPガイドライン適合確認に際しての注意事項等について紹介します。 30分 FAMIC本部
肥飼料安全検査部

2 受講について

(1)受講料
①基礎コース           2,500円(消費税込み)
②応用コース           3,000円(消費税込み)
③基礎コース+応用コース     5,500円(消費税込み)
            
(2)手続き等について(予定)
受講者1名毎に申し込みが必要です。また、システム操作の都度、案内メールが送付されますので、メールアドレスが必要となります。
大まかな手順は以下のとおりです。実際には、メールの案内に従って進めてください。
①FAMICのHPから特設サイトにアクセスし、申し込みをしてください。
②費用の支払いに関する案内メールが送付されます。例年どおり銀行口座への振り込みとなりますので、手続きをお願いします。
③FAMICにて3営業日以内(土日祝日年末年始除く)に振込を確認し、受講を許可します。受講の案内メールが送付されます。
受講期間内の都合の良い時間に受講してください。受講後は効果測定を受けてください。効果測定は何度でも受けることができます。また、アンケートで受講した感想を教えてください。
⑤動画の視聴、効果測定の実施、アンケートの回答が済むと、修了証が発行できます印刷、保存等適宜ご対応ください。
【注意】
*受講許可期間が過ぎるとログインできなくなりますので、期間内に終了してください。
*月に受講できる人数が限られています。IDの発行が一定数を超えた場合、翌21日以降の受講となります。
*FAMICより印刷した修了証を送付することはできません。
*一定の受講期間を設けていることから、受講キャンセルによる返金は対応いたしませんのでご了承ください。
*領収書をご希望の方は、システムの「お問い合わせ」を用いて管理者までご連絡ください。


3 問合せ先

 さいたま本部担当者までご連絡下さい。

 〒330-9731
  埼玉県さいたま市中央区新都心2-1
    さいたま新都心合同庁舎検査棟

   独立行政法人農林水産消費安全技術センター 肥飼料安全検査部
   飼料管理課 鈴木、金治 ()

   TEL:050-3797-1857  FAX:048-601-1179

▲このページのTOPに戻る