このページの本文へ移動

令和元年度飼料等の共通試料による分析鑑定結果

※ 共通試料による分析鑑定は飼料品質改善協議会が主体となり毎年実施されている技能試験で、FAMICではデータの解析等の技術的助言を行っています。
令和元年度の結果の概要は以下のようになります。

1. 目 的

 飼料検査指導機関、飼料・飼料添加物製造等業者、民間分析機関等を対象に、飼料等の共通試料による分析鑑定を行うことにより、分析及び鑑定技術の維持向上を図り、併せて分析誤差を把握し、飼料等の適正な製造及び品質管理の実施に資する。

2. 共通試料の内容

A試料…幼令肉用牛育成・肉用牛肥育用配合飼料
B試料…魚 粉
C試料…鑑定用飼料原料混合試料
D試料…ほ乳期子豚育成用プレミックス

3. 分析鑑定項目及び実施要領

(1)分析鑑定項目
A試料・・・水分、粗たん白質、粗脂肪、粗繊維、粗灰分、カルシウム、リン及びモネンシンナトリウム
B試料・・・水分、粗たん白質、粗灰分、カドミウム及びエトキシキン
C試料・・・飼料原料の検出及びその混合割合の推定
D試料・・・銅、亜鉛及びクエン酸モランテル
(2)実施要領

4. 参加試験室数

(1)総数 215試験室
内訳
・飼料関係     141 試験室
・飼料添加物関係  11 試験室
・民間分析機関等  19 試験室
・飼料検査指導機関 44 試験室
(2)試料別参加試験室数
・A試料  210 試験室
・B試料  201 試験室
・C試料  116 試験室
・D試料  74 試験室

5. A、B及びD試料の解析結果

A試料の解析結果
A試料の解析結果

B試料の解析結果
B試料の解析結果

D試料の解析結果
D試料の解析結果

注1 区分1の数値は報告された分析値から算出した結果であり、区分2は区分1で算出したz-スコアの絶対値が3以上の異常値を除外して算出した結果である。
 2 z-スコアの絶対値が3の境界値である。
 3 MN(管理分析法)は、モネンシンナトリウムの迅速定量法及びフローインジェクション法を集計した結果である。
 4 MN(飼料分析基準)は、モネンシンナトリウムの液体クロマトグラフ法を集計した結果である。
  本年度は飼料分析基準の微生物学的定量法と液体クロマトグラフ法を分離して集計した。液体クロマトグラフ法においてはモネンシンA量をモネンシンナトリウム量としているが、本年度A試料に含有されたモネンシンナトリウム中のモネンシンAの割合がやや低いことが示唆され、微生物学的定量法による分析値との差が大きかったため、これらを分離して集計した。分析値は3件の報告があり、報告数が少ないためロバスト法による解析はせず、参考値として平均値を算出した結果、29.9 g(力価)/トンであった。

6.C試料の原料及びその混合割合

C試料の原料及びその混合割合
C試料の原料及びその混合割合

▲このページのTOPに戻る